2020年02月22日

塗COMIX

スージー甘金さんが音楽出版社から2008年に出版した漫画作品集です。

susie_amakane.jpg


今日は2020年2月22日、2がたくさん並ぶ日です。この記録が破られるのは、2年後の2022年2月22日まで待たねばなりません。

そんな2の並ぶ週末の土曜日は、漫画、というよりもアートに親しんでみようと思います。イラストレーターのスージー甘金さんは、紙にアクリル絵の具を塗ることにより、一見コミック形式のアート作品を80年代から宝島社(旧:JICC出版局)の雑誌「宝島」などに発表された作品を集成し、2008年に「塗COMIX」という作品集を刊行しました。

feb217.jpg

では、スージー甘金さんのアートに登場する人物を簡単にご紹介しましょう。

小松くん:三鷹市中連雀出身。鉄人28号の金田正太郎君に似ている。頭のたんこぶの中には一味違うタケヤ味噌か、はたまた災害に備えて水分を蓄えているという2つの説がある。

ミドリちゃん:小松くんのガールフレンド。趣味はハンティングで、去年の秋、鴨射ちに行った際、誤って小松くんの尻の穴に弾丸をめりこませ3日間便秘させたという経歴の持ち主。

リカちゃん:小松くんの妹。名前に反して好きな学科は国語だという偏屈少女。底意地の悪さではミドリちゃんと肩を張っている。

電話犬:姓は電で名は話犬。電話機を主食とする。日本に一機しか生存していないと言われており、特別天然記念物に指定されている。

爆弾猫:昼寝中、小松くんに爆弾を無理矢理飲み込まされてしまった。長生きさせるコツはしっぽに火をつけない事で、エサは火薬を1日に100gづつ与えればよいが、やりすぎると原爆に進化するといわれている。

ノーミン:脳味噌が120gしかないというハンディキャップを背負いながらも、東北地方から九州地方まで、多種多様の方言を使い分けることができるという話術にたけた生物。1日1回の排便量は5kgと、象にも匹敵するといわれている。

木村くん:本名木村明。山梨県出身。親父は24ヶの山を持つ山林王。

ミスターサイケ:本名斉藤圭介。年齢不詳。1968年、サイケバンド"ケースケ&フライド・ドッグ"を結成し、69年自主制作のシングル版2枚を残し解散。

ドクターペンちゃん:南極の昭和基地近郊で小児科医を営む世界で唯一のペンギン医師。

No.69:69号と描いて綾部富美子と読む。クィーンのF・マーキュリーのお化けナスビに憧れている生粋のロック少女。

キンタムア国王:世界有数の石油産出国、キンタムア王国の王様。ご飯の上にスプーン印の上白糖をのせて食べるという程甘党。

鉄人2.8号:鉄人28号を作った時のあまりの部品で作られたというこの鉄人は、28号のように飛ぶことは出来ないまでも、頭の冠の取り外しがきく事、鼻が尖ってないので危なくないという点において28号よりも優れているといえよう。

このような人物が、紙の上にアクリル絵の具で塗られた芸術作品の上で、日夜パフォーマンスアートを実演していたのでした。

feb216.jpg

巻末には、欧米のコミックのように、左から右に読み進めていく漫画形式のアート作品「北極バナ吉」が収録されています。
頭にバナナを載せた小松くんのような主人公と、鶏の大橋くんが登場するこの作品は、心温まる熱帯地方における人間とペリカンの共生の様子が生き生きと描かれています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☁| Comment(20) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
小松は、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2020年02月22日 05:02
一番槍奪還となつた、甲府市内の夜明け前。
けふの「スカーレット」スカ達の活躍に、ご期待ください。

サテけふは、気分の佳い朝となつた。昼食予報も、ひじゃさん雷撃隊を撃滅させていきたい。
Posted by 百足衆 at 2020年02月22日 05:17
シモン様の解説が間違っています。
みどりちゃん→と門の血税を吸い上げ丸々太り、自分の議席が第一と言う愚かな弱小野党政治家(約一名与党出身者の無能弁護士も)を騙して絶望に導き、山手線を二層化するなどの実現不可能な妄想をふりまき、自らもかつて喫煙者であったのに喫煙者を弾圧する鬼ババア

リカちゃん→自らが狂人である精神科医。放射脳に冒され、世の中の不都合なことは全部安倍総理大臣のせい、安倍総理大臣には天変地異を起こす力がある(=弘法大師に匹敵)と信じているかくれ安倍教徒。
Posted by デハ at 2020年02月22日 07:04
ひじゃっ。

百足衆先生。一番槍、おめでとうございます。

今日ひじゃは午前中に医者に行きますので、
昼食予想合戦は、また明日に。

お願いします。

ひじゃっ。
Posted by ひじゃ at 2020年02月22日 09:10
デハさん

リカちゃん。気狂い精神科医ですね。
世の中には気狂いが増えているので、どうかお気をつけ下さい。
Posted by シモン at 2020年02月22日 10:41
こんにちは、いつも百足衆さんの「スカーレット」レビューと感想を、楽しく読ませていただいています。

今日のレビューがまだですが・・・
何時ごろ、アップしてもらえますか?
Posted by スカーレット at 2020年02月22日 12:17
午後となつた、甲府市内のお昼過ぎ。
けふの「スカーレット」アンリ菅野(烏丸演)が、スカ(戸田演)の元から去る。

という、回でした。
サテけふの戦果発表。
爺の、不戦勝となつた。

エトワールさんの承認を以って、最終裁定とする。
Posted by 百足衆 at 2020年02月22日 13:33
はい、それでOKです。
Posted by GATTO at 2020年02月22日 14:29
GATTOさん

OKですか?百足衆さんは予報を投稿されてないので、単なる無効試合なのではないかと

千葉県も感染者が出ました。お母様、気遣ってあげてくださいね。
Posted by シモン at 2020年02月22日 15:06
昼飯はどら焼でした
Posted by デハ  at 2020年02月22日 15:20
雨となつた、甲府市内のタベ。

サテデハサン。ドラ焼きですか。うっほ美味そうじゃ、美味そうじゃ。
そういえば、平安京コンビは、この週末は、国公立大学二次試験の監督やらで、忙しいに、相違ない。
Posted by 百足衆 at 2020年02月22日 17:09
百足衆さん

二次試験は来週の火・水です。

シモンさん

シモンさん、この漫画が好きでしたね。
小松くんにメガネかけさせて藤原さんにしたてた漫画、今でも数学教室の図書室に残っています。
Posted by 菅原 at 2020年02月22日 17:24
もてーん るん! ルン!
花の子ルンルン。トゲニシア!

懐かしいです。
私は、もてたんです。今でも、もてています。

「もてるぜ!小松くん」
シモン様の大学時代の人生が、この漫画作品に、

結集しています。
結晶しています。

シモン様、シモン様、
エリエリラマサバクダニ。
あの頃、シモン様と一緒に数学やりながら漫画を描いていた、ヘビサイト函数君が、亡くなってから、もう28年ぐらいになりますかなあ。。。

時間の流れは、速いです。

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2020年02月22日 18:06
おっと間違った。

「もてるぜ!藤原くん」

が、正式名でした。
ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2020年02月22日 18:07
夜となつた、甲府市内の夜。

サテ平安京コンビ。内輪の話をしても、さっぱりわかりませんゾ。
シモンさんが、問題だ。GATTOさんかデハサンに、解説を頼む。

昼食予報は、GATTOさんの云う通り、爺が不戦勝で、正しいs。
大相撲でも、不戦勝の力士は、相撲を取らなくて、佳い。勝ち名乗りを、受けるだけだ。よって爺が、予報を投稿せずとも、爺の不戦勝が、確定する。
Posted by 百足衆 at 2020年02月22日 19:39
晴れとなつた、甲府市内の朝。
けふは、おんな城主さんとの大河ドラマ解説合戦の日。
現在のところ、爺3勝、おんな城主1勝。爺が、リードしている。

サテGATTOさん。オジーさんも絶賛した、ビアンカの続きの回が、読みたい。読みたいですゾ。
Posted by 百足衆 at 2020年02月23日 08:38
夜となつた、甲府市内の深夜。
けふの「明智が来る」三好長慶が、細川勢に襲われるが、助かる。

という、回でした。
サテおんな城主さんの解説を、待つ。
Posted by 百足衆 at 2020年02月23日 21:47
ここで長慶がくたばっていれば、将軍様も殺されずに済み、織田信長の出番もなかったのに
Posted by デハ at 2020年02月23日 22:26
ほほほほ〜

明智光秀が、足利義輝のスイッチ、入れちゃったわ〜
将軍親政に突っ走るわ〜
三好長慶も助けちゃったし〜

ひょっとして、義輝暗殺の道筋を作って、足利幕府を倒したのが光秀?というストーリー?

国広富之さん、老けたわね〜
「噂の刑事トミーとマツ」のトミーだった頃が懐かしいわ〜
Posted by おんな城主 at 2020年02月23日 22:55
松崎しげるが松永だとよかったのに
Posted by デハ at 2020年02月23日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]