2020年06月19日

ウー

空想特撮シリーズ「ウルトラマン」に登場する、伝説怪獣です。

woo.jpg

「伝説の」という接頭語で表現されるものが、世界には幾つもあります。

may448.jpg

「伝説のロックアーティスト」といえば、ザ・ローリング・ストーンズです。
「伝説のすた丼屋」という丼飯屋があるそうです。デハさんが詳しそうなので、解説はお譲りします。
「伝説の猫じゃらし」という、一振りで全ての猫を凶暴化させる猫じゃらしがあるそうです。GATTOさんに解説をお譲りします。
「伝説の医師 ドクターK」という、医者でありながら野球のピッチャーとして三振を取りまくる人がいるそうです。燈台森さんに解説をお譲りします。
「伝説のラーメン店」という店舗が、博多にあります。スープを飲む前に高菜を食べると扼殺されるそうです。ラーさんに解説をお譲りします。

こうして見ると、「伝説の」という形容詞がつく対象は、多くの都市伝説同様、「知っていても特に意味がない」対象だということがわかります。
ストーンズの曲を聴かなくてもビートルズで十分ですし、すた丼食べなくても自宅で豚肉とタマネギを炒めてご飯にかけて卵の黄身を載せれば十分ですし、猫を飼っていなければ猫じゃらしも糞の始末も不要ですし、最近野球は無観客試合ですし、スープを飲む前に高菜を食べてもお咎めなしの博多ラーメンの店はごまんとあります。

「伝説怪獣ウー」は、そんな伝説グループの中にあって、唯一「伝説の」の形容詞に相応しい存在です。
では簡単に登場人物をご紹介しましょう。

ウー:身長40メートル。ウルトラマンと同じ身長。新潟県出身。秋田県のなまはげを白くして巨大化したような怪獣。日立製作所はこの怪獣に感化され、「WOOO」という液晶テレビ製品を開発していたが、2020年現在同社は自社ブランドのテレビ事業から完全撤退している。

雪ん子:雪山に住む孤児。新潟県出身。ピンチになるとウーを召還する。「帰ってきたウルトラマン」に例えると、ウー=帰りマンに対する郷さん的な役割。

このような人物が、寒風吹きすさぶスキー場を擁する雪山で、人々を恐怖のどん底に陥れていたのです。

may446.jpg

1981年11月、西武園ゆうえんちでのウルトラマンショーの最中、火薬用の導火線の火花がウーの着ぐるみに引火し火だるまとなり、中に入っていた大学生が全身火傷で死亡したそうです。合掌。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(9) | TVと映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
ウーは、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2020年06月19日 06:11
大雨となつた、甲府市内の朝。
雨のせいか、雪隠猫侍さんも来ず、悠々桶狭間で今川義元の首を討ち取った気分だ。

サテウー。最初、ワーと読み間違ったが、目を凝らせて見れば、ウーであつた。ワーを討ち取らなくて、佳かった。
Posted by 百足衆 at 2020年06月19日 07:22
ウーに似ていた為ウー子ちゃんというあだ名の子がいました。ほかにも巨体で天パのためアンドレザジャイアン子と呼ばれた子もいた。
Posted by デハ at 2020年06月19日 09:21
ストーンズはすごい。昭和30年代にデビューしていまだに現役のロックバンド。英国に行ったときTVでライブに行きたいという女子高生がいました。平均年齢70近いのに。
日本では考えられません。ジャンピングジャックフラッシュ・ギミーシェルター。今の高校生にが聴いたらどうかなあ。」
Posted by 特捜 at 2020年06月19日 21:58
私はウルトラマンの関連書籍にあるウーの”体重ゼロ”という設定に、違和感を感じていました。
空中に漂っているとか立体映像みたいな存在ならともかく、2本の足で立ち肉弾戦で格闘する巨大怪獣がこれでは・・・・。
Posted by ヨット at 2020年06月19日 23:15
昔(20年ぐらい前)、福島県内を風靡した「伝説の豚まん」というものがありました。ただのでっかい肉まんでした。
流行にはやって店舗があちこちにでき「元祖豚まん」「おいしい豚まん」などの偽物まで現れました。
ところが、2年ぐらいですべてなくなってしまいました。そして伝説になったのです。
Posted by デハ at 2020年06月20日 05:44
ヨットさん
ウルトラマンが身長40メートル、体重3万5千トンなのに、50メートルでしっぽもあるゴジラが2万5千トンなのはおかしいと思いましたし、生き物とは機械の差はありますが、57メートルのコンバトラーVがわずか550トンというのは軽すぎるのではないでしょうか。
さらに、ガメラは甲羅の長さが60メートルあるのに、重さはわずか80トンです。電気機関車の重さが96トンなので、それよりも軽いのです。ちなみにガンダムが18メートル・60トンです。5倍ぐらいあるガメラと同じ重さです。
Posted by デハ at 2020年06月20日 05:51
伝説といえば、史上最強のロボット「伝説巨神イデオン」をわすれてはなりません。こちらは105メートル・5500トンだそうです。煙突を3本はやしたくなる重さだとは思いませんか?こうしてみると、意外と機械の方が巨大生物より軽いことがわかります。
Posted by デハ at 2020年06月20日 05:55
特捜さん
よく見ると、ミックジャガーはウーに顔が似てますね。

ヨットさん
体重をごまかす生き物は、ウーに限らず私の家族も同様です。

デハさん
豚まんの解説ありがとうございます。551蓬莱が食べたい。
ウルトラマン、40mの割には東京タワーと背丈があまり変わらなかったような気がします。
Posted by シモン at 2020年06月20日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]