2020年08月23日

火渡り

熱した炭を敷き詰めたその上を裸足で歩く神事です。

hiwatari.jpg

「心頭滅却すれば火もまた涼し」逆に言えば、頭が働いている間は、猛暑の灼熱地獄は耐え難いものがあります。
光熱費節減のためにテレワークの日でも平日の日中のエアコン使用を家族に禁じられた私は、ひたすら灼熱地獄に耐えています。

aug368.jpg

しかし世の中には、自ら進んで灼熱地獄体験をしたがる人もいます。激辛ラーメンとか激辛カレーとか、そういった激辛食品を食べて、消化器系で灼熱地獄を体験したがる激辛マニアがその一派です。しかし唐辛子の主成分のカプサイシンの過剰摂取は脳に障害を与える、ということが、デハさんの嫌いな某国の国民がこぞって証明してくれていますので、食べすぎに注意しましょう。

今日のテーマの「火渡り」は、消化器系ではなく、皮膚(特に足裏)で熱さを感じる灼熱地獄です。

中世の日本では、「鉄火起請」というかなり残酷な裁判制度がありました。原告と被告が互いの正当性を主張して譲らない場合、裁判官が真っ赤に熱した鉄の棒を握り、我慢比べで勝利した方が勝訴する。という裁判です。
勝者も、両手はやけどを負い、下手をすれば社会復帰できなかったかもしれません。江戸前の寿司ネタに「鉄火巻」という定番の巻物がありますが、この話を聞くと食欲が湧かないのではないかと思われます。

そんな「火と皮膚の接触」を好んでする文化は、実は日本だけでなく、世界中にあります。古くは、ネイティブアメリカン(別名インディアン)やカラハリ砂漠のブッシュマンがこの儀式を行って病の治癒を願ったり、近年ではアメリカの経営セミナーや自己開発のセミナーで火渡りをすることで、イノベーションの起こし方や事業のブレークスルーを実現するそうです。

日本では、主として密教の修験道者が行っていますが、1970年代初頭には怪獣を攻撃する防衛組織が、隊員の日常訓練に、火渡りに似た「火の輪くぐり」を行っていました。この訓練は、心身を清めて厄災を払い、無病息災を祈願する目的で行われているそうです。

火渡りは、適切に行えば火傷をすることもなく、安全な神事だそうです。
しかし、適切に行われなかったこともありました。21世紀になったばかりの頃、フジテレビが「退屈貴族」というテレビ番組を制作しました。これは、世界のありとあらゆるものに飽きてしまった貴族(=視聴者を想定していました)に、突飛な動画を見せて退屈を解消させようという、実に不遜な番組でした。

この番組のある回に、火渡りを行う老人が招かれました。老人は過去に「ミカン箱をばらした木の板に火をつけ、くすぶる板の上を歩く」というパフォーマンスを行った実績がありました。 しかし、この番組のフジテレビのスタッフは、灯油 3リットルとライターを持参して、老人が持参したダンボールを芯に灯油を燃やし、老人に火渡りを強制したのです。
案の定大火傷を負った老人は、入院先で数年後に死亡します。フジテレビはこの事実をひた隠しにしていました。

aug369.jpg

つまりマスコミとは、右も左も人命よりも自己の利益、視聴率を優先する連中なのです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(38) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
心頭滅却すれば、火も叉涼し。
Posted by 百足衆 at 2020年08月23日 05:08
曇り模様となつた、甲府市内の夜明け。
けふも一番槍。中中気分が、佳い朝だ。
昨日の昼食予報も、デハサンを倒した爺の勝ち。
だが勝利の気分に酔っていると、けふ苦杯を喫することになる。剣呑剣呑、勝って兜の、緒を締めよ。

サテ老人火あぶり事件。こんな事件があったのですナ。
確かに、バラエテー番組では素人に無茶な芸をさせて死に至らしめる、と云う事件が、他にもある。
ごきぶりを食べて、数日後に死亡した話は、爺の現役時代に、生徒から聞いたことが、有る。
Posted by 百足衆 at 2020年08月23日 06:13
立憲民主党の奴らは皮が厚いので盟神探湯とか平気そうです。
旧民主党の50億円はたまきんのものなのに、盟神探湯を挑む枝野の手は平気でタマキンはやけど、50億円は枝野のもの、ということになりかねません。
Posted by デハ at 2020年08月23日 06:26
老師
甲州人は心頭滅却すれば火もまた涼しという言葉を残した老人がいるので、他県の人間よりは耐火性が強いとは思いますが、決して無謀な挑戦はやめてください。考えてみると好走を着殺した織田信長は滅亡して当然だったのだと思います。それにしても、私は日本の三大暗黒時代は、南北朝時代と、織豊時代と、民主党政権だったと思っています。共通するのは、正しい既得権、伝統、美意識が破壊されたということです。
Posted by デハ at 2020年08月23日 06:30
上下の秩序が乱れて、むかしの姓(かばね)を失ったり、わざと高い氏(うじ)を名乗る者も出てきた。それを正すために甘樫丘で盟神探湯を行ったという記事がある。各自が沐浴斎戒し、木綿の襷をつけて探湯を行い、正しく姓を名乗っている者は何ともなく、詐りの姓を名乗っている者は皆火傷をしたので、後に続く者の中で詐っている者は恐れて先に進めなかったので、正邪がすぐにわかったとある。
これをすぐ実施し、日本人でないのに日本人のふりをしている政治家をあぶりだしてほしい。
Posted by デハ at 2020年08月23日 06:39
数年前、甲斐源氏とは全く関係のない鈴木某という女が「信玄公の子孫武田あんり」を名乗りAVデビューし物議をかもし、武田氏末裔会の追及を受けて正体をばらしたことがあった。
もっとも、武田家当主も柳沢氏からの養子の子孫であり、信玄公の血はひいていないが、甲斐源氏には変わらないので新羅三郎義光の子孫であることは間違いない。米沢武田氏も本庄氏から婿を取ったため、信玄公の血は引いているが、男子男系子孫ではない。つまりこの世に、信玄公の男子直径の人物は公式には一人もいない。
 武田氏を滅亡させたことが信長の一番の罪だと断言したい。そして鈴木某のような偽物にはくがたちをさせるべきだった。
 その少し前にも、脇坂安治の子孫を名乗り脇坂理恵子という女医が現れたが、こちらも子孫会からの糾弾により偽物だった。
こういう、血統、身分、国籍を偽るやつらに神の裁きはいつ降るのだろうか。
蓮舫やその他立憲民主党の奴らにくがたちをやらせたい。
Posted by デハ at 2020年08月23日 06:46
河井あんりといい、武田あんりといい、どうして女なのにあんりなのか、それも追及したい。
アンリとは、フランス語でハインリッヒ(高い身分の男)を指す言葉であり、英語ではヘンリーになる。しかし、ヘンリー、ハインリッヒという名前の女を私は見たことがない。
松川るいも、女なのにるいはおかしい。ルートビッヒと改名するべきだ。
意味のないキラキラネームよりも、むしろ外国で別の性別になる名前の方が問題だと私は思う。そしてその場合、多くはフランスの男性名を日本の女性が名乗るケースが多い。
 しかし、決して同じ意味の独逸語名を名乗らないのは、独逸に対する差別でもある。
Posted by デハ at 2020年08月23日 06:50
デハ殿
杏里もいますな。

ヘンリーというかハリーみたいな安っぽい馬鹿女に引っ掛かる元王子を思い出した。

Posted by 燈台森 at 2020年08月23日 07:04
灯台森さん
いずれにても、英名、仏名に比べて、独名は高貴な感じがします。
特にハインリッヒ相当は英名はバカ王子、仏名はバイタっぽい。
これからは、広瀬アリスも広瀬アーデルハイドと呼びたい。アーデルハイドとは高貴な人を指し、日本語では「貴子」さんに相当する名前です。ちなみに「ジョージ」は「農夫」(のぶお)、「エリザベス」は「智子」、ウイリアムは「兜」を意味しますが、英語、仏語だと語源がわかりませんがドイツ語だとウィルヘルムのヘルムが兜なのですぐわかります。ヨーロッパ人の人名表記は独逸語に統一した方が、わかりやすいと思います。そうすれば、娘にルートビッヒ、ハインリッヒと名付ける親もいなくなると思います。
Posted by デハ at 2020年08月23日 08:17
その点、イタリア名は「子」を使わなければ、適当な漢字を当て、男性なら最後の文字を「男」「雄」「夫」にして甲斐男、真理男、樹里夫にすれば問題なく、女性だとロザンナのように「ナ」で終わる人が多いので、「菜」「奈」をつければ問題なく、その他にも直美、明など日本風の名前もあり、三浦もあります。さらに私の住んでいる市には「医王田」という性の人が住んでいる集落があります。イタリア人と日本人はたぶん同祖だったのかもしれません。
少なくとも、秦氏の先祖はイタリア人とされており、島津氏、長曾我部氏、川勝氏がこれにあたります。
ところが川勝知事はイタリアではなく朝鮮をほめちぎるとんでもない奴でくがたちで本当に秦氏か試す必要があります。なお大久保彦左衛門の映画の悪役は川勝丹波で、関が原で他人の手柄を横取りしてのし上がり、商家の娘を無理やり囲い、わいろと讒言で彦左衛門を陥れて屋敷を奪い取った極悪人でした。
愛知県知事だけでなく川勝知事も罷免して、鈴木の鈴木修会長に代わりに知事になってもらった方がよい。
Posted by デハ at 2020年08月23日 08:23
その点、イタリア名は「子」を使わなければ、適当な漢字を当て、男性なら最後の文字を「男」「雄」「夫」にして甲斐男、真理男、樹里夫にすれば問題なく、女性だとロザンナのように「ナ」で終わる人が多いので、「菜」「奈」をつければ問題なく、その他にも直美、明など日本風の名前もあり、三浦もあります。さらに私の住んでいる市には「医王田」という姓の人が住んでいる集落があります。イタリア人と日本人はたぶん同祖だったのかもしれません。
少なくとも、秦氏の先祖はイタリア人とされており、島津氏、長曾我部氏、川勝氏がこれにあたります。
ところが川勝知事はイタリアではなく朝鮮をほめちぎるとんでもない奴でくがたちで本当に秦氏か試す必要があります。なお大久保彦左衛門の映画の悪役は川勝丹波で、関が原で他人の手柄を横取りしてのし上がり、商家の娘を無理やり囲い、わいろと讒言で彦左衛門を陥れて屋敷を奪い取った極悪人でした。
愛知県知事だけでなく川勝知事も罷免して、鈴木の鈴木修会長に代わりに知事になってもらった方がよい。
Posted by デハ at 2020年08月23日 08:24
ひじゃっ。
どの都道府県も、まともな知事さんがいませんね。。

ひじゃ電撃隊、発進致します。
GATTO様はきつねうどん。
デハ様はステーキ。
デロ様はお好み焼き。
ラー様はラーメン。
シモン様もラーメン。
燈台森様はフィレオフィッシュ。
藤原様は冷麺。
菅原様は味噌カツ。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2020年08月23日 10:01
曇天となつた、甲府市内のお昼前。
サテデハサン。南富士山土人国の知事は、リニア阻止で環境を守ると云っていながら、韓国製ソラーパネルで環境破壊を推進してゐる。
さすが土人国に似つかわしい、酋長と云える。

サテひじゃさん来襲。迎撃隊、発進セヨ。
GATTOさんは長崎ちゃんぽん。
デハサンは焼肉。
デロサンはお好み焼き広島式。
ラーサンはラーマン。
シモンさんはビーフカレー。
燈台森さんは焼きそばパン。
藤原さんは刺身定食。
菅原君は冷やし肉うどん。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2020年08月23日 10:56
今日は喜多方ラーメンを食べました。

デハさん
「日本人でないのに日本人のふりをしている政治家」は野党にも与党にもいるようです。

静岡県知事は、役所なのに民間企業に抵抗し過ぎですね。私の父も公務員でしたが、「役人が判子押さないと賄賂を要求していると曲解される」と言ってました。
昭和天皇と同様、決まったことの認可を取り消すなんてことは滅多になかったはずですね。
Posted by シモン at 2020年08月23日 12:47
こんにちは。

今日のお昼は、無印のサラダです。
Posted by GATTO at 2020年08月23日 14:03
私は「アンリ」という名前を聞くと、真っ先にこの顔が思い浮かびます。

https://www.uniquecarsandparts.com.au/race_drivers_henri_pescarolo

Posted by GATTO at 2020年08月23日 14:29
ひじゃさん 百足衆さん

今日は茄子の煮浸しを食べました。

アンリと言えば、アンリ・ポアンカレですね。
ポアンカレ予想は2002年にロシアの数学者ペレルマンによって肯定的に解決しました。
ポアンカレは、自分が若い頃に書いた論文を自分の論文と知らずに添削し、「なかなか良い」と評価したというエピソードが有名です。
Posted by 菅原 at 2020年08月23日 15:45
老師連続正解。
まるで翔鶴・瑞鶴が、珊瑚海でレキシントン、南太平洋でホーネットを葬り去ったような活躍です。

ガットさん
私は、アンリデュナンは女だと思っていて、笹川会長のCМで男と知りショックでした。
以来、アンリという女を見ると実は男でキスした瞬間髭だらけの顔になると思うようになりました。ハインリッヒと同義と知ってからはなおさらです。
Posted by デハ at 2020年08月23日 16:01
菅原さん
その人はボンカレーを発明した人ですか?
Posted by デハ at 2020年08月23日 16:02
 この「アンリ」は、我々日本人にとっての「音」のイメージなのかも知れませんね。
 実は、こういったことは、言語が違えば欧米人同士でもあるようで、私のイタリア語の先生で千葉大の留学生だったマッテオ(Matteo)さんという人がいるのですが、彼の千葉大での愛称が「マット」でした。しかし、イタリア語でマット(matto) といえば、発音は同じですが「基地外」の意味なのです。彼は苦笑いをしながらその話をしてくれました。


菅原さん、
 やはり自分の好きな分野の人になりますね。

デハさん、
 まあ、たしかに「アンリ」という音の響きは可愛いかも知れません。
Posted by GATTO at 2020年08月23日 18:09
遅くなりました。
今日はイカのお好み焼きでした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2020年08月23日 19:02
横手焼きそば♪
Posted by 燈台森 at 2020年08月23日 20:32
空白む、甲府市内の夜明け。
昨日の昼食予想。ひじゃさんはシモンさんを撃沈するも、デハサン、燈台森さんを轟沈した爺が、劇的な逆転勝利を収めた。
GATTOさんはまだ夏バテが解消していない故、爺の判定を以って、最終決定と、する。

サテ今週は、先週よりは暑さは幾分下がるらしい。
爺の火祭りは、まだ続く。
Posted by 百足衆 at 2020年08月24日 05:11
「レインボーマン」のインドの山奥の修行で主人公がこの火渡りをやらされ、アチ!アチ!アチ!!とひどい事に。
すると修行をつけていた老人が手のひらを合わせて伸ばし、中指の先辺りから水を出してかけました。
しかし、その水量があまりにも少なく、
「水鉄砲みたいだな。効果があるのかな?」
と心配になったものでした。
Posted by ヨット at 2020年08月24日 09:43
ひじゃっ。

ヨット様。
その老人の体液、というかおしっこだったら、水量が多いのもつらいかも・・・

ひじゃ電撃隊、発進します。

GATTO様はチキン唐揚げ。
デハ様はサムライラーメン。
デロ様は親子丼。
ラー様はラーメン。
シモン様はそうめん。
燈台森様はカツサンド。
藤原様達はダッカルビ風野菜炒め。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2020年08月24日 09:51
真夏日なれども猛暑には達していない、甲府市内の午前中。

サテヨットさん。レインボーマンの修行を、デハサンもすべきですな。爺が、水を出しますゾ。右足と左足の間の指からなら、可。

サテけふも、難波志帆の「5分でミュージックライン」を聴いていると、ひじゃさん来襲。迎撃隊、昨日同様、全機撃墜セヨ。
GATTOさんは豚の冷しゃぶ。
デハサンは肉屋弁当。
デロサンはエビチリ。
ラーサンはラーマン。
シモンさんは日進焼そばバゴーン。
燈台森さんはハムカツサンド。
藤原さん達は天下一品のこってりラーメン。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2020年08月24日 10:50
ヨットさん

「ニュートンの力学などはリンゴといっしょに捨ててしまえっ!!」by小池一夫at「男大空」

百足衆さんひじゃさん

昼食はまだ不明です
Posted by シモン at 2020年08月24日 11:36
こんにちは。

今日のお昼は、魚フライ弁当です。
Posted by GATTO at 2020年08月24日 14:06
ひじゃ様、百足衆様、

本日は函館ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2020年08月24日 15:18
今日は冷やしたぬきうどんを食べました。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2020年08月24日 16:24
黒ゴマ素麺でした
Posted by シモン at 2020年08月24日 17:02
ひじゃさん 百足衆さん

今日藤原さんと私は、野菜炒めを食べました。
Posted by 菅原 at 2020年08月24日 17:28
ハムカツサンド♪
Posted by 燈台森 at 2020年08月24日 19:27
こんばんは。

百足衆先生は、燈台森さんを当てていますが、ひじゃさんも近い回答をしています。

加えて、ひじゃさんは、平安朝コンビとシモンさんを当てていますので、ひじゃさんの勝ちですね。
Posted by GATTO at 2020年08月24日 19:44
夜となつた、甲府市内の夜。

サテGATTOさんの公正な審査の結果、けふはひじゃさんの勝ちと、判定。
ひじゃさん、おめでとう。だが、勝って兜の尾を締めよ。
Posted by 百足衆 at 2020年08月24日 20:14
百足衆さん

尾ではなく、緒です。
Posted by 菅原 at 2020年08月24日 20:30
菅原君 この、
だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、GSOMIA!
尾で、合っている!
兜蟹には、尾があるからだ!岡山県笠岡市に行けばわかる!
お土産に、兜蟹饅頭を、

買ってこい!はっ
買ってこい!はっ
買ってこい!はっ
買ってこい!はっ
買ってこい!
Posted by 藤原 at 2020年08月24日 20:45
ひじゃさん、郡山に来てましたか?店に入るところを見られたような気分です。正解。めったにはいらないのに。
肉屋は仕出しが大量にあったらしく弁当休みでした。
Posted by デハ at 2020年08月24日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]