2020年11月22日

牡蠣フライ

冬の味覚です。

kaki_fry.jpg

「冬でしか味わえない食材」は、昭和時代に比べてかなり減りました。
農業は、温室栽培や工場での生産によって、季節を問わずに殆どの野菜が一年中流通するようになりました。
水産物も、養殖技術のおかげでかなりの種類が年間を通じて安定的に供給されています。

nov278.jpg

とは言え、やはり季節ごとに旬な食べ物を口にするのが日本人の食の愉しみであることは間違いありません。
冬季に美味しい揚げ物といえば、私は真っ先に「カキフライ」を連想します。

牡蠣は、牡蠣という一種類の貝があるわけではなく、ウグイスガイ目イタボガキ科とベッコウガキ科に属する二枚貝の総称名です。
冬場の10〜4月に食用として市場に流通するのは主としてベッコウガキ科の「マガキ」ですが、夏場の6〜9月には同じベッコウガキ科のイワガキが流通します。それぞれの特徴は、マガキの方がクリーミーな味わいで、イワガキは大きくてジューシーといったところでしょうか。欧米人が好んで生食する生ガキは、イワガキが主流だったかもしれません。

私はかつてはカキを食べることができない体質でした。一度生ガキを食べて中ってしまい、それ以来どんなに新鮮な生ガキは勿論、火の通ったカキを食べても必ず下痢してしまったのです。大森の駅前にあった台湾料理店でカキ粥を食べた時も、自宅に帰って真っ先にトイレに直行しました。

そんな私のカキアレルギーが治ったのは、21世紀に入った頃に広島で生ガキを食べたときでした。おそらく、相当に鮮度が良かったのだと思いますが、それを機会にカキに対する私の消化器官の過剰反応も収まったようです。
それ以降、私は冬場に和幸やまい泉のようなとんかつ屋に行くと、必ずカキフライ定食を食べるようになりました。

カキフライの起源については諸説ありますが、1895年(明治28年)創業の銀座・煉瓦亭が発祥という説が有力です。
カキに小麦粉→ 溶き卵→パン粉の順に衣を着けて、食用油で揚げる、という基本的なフライのメニューは日本独自の洋食です。

nov277.jpg

三連休の日曜日の夕食には、ちょうど良いメニューです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(24) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。

カキフライは、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2020年11月22日 05:16

おはようございます。

「海底の舞踏会」改作 LU『芸術家 > 人間』更新しました。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12639421443.html

谷中に関心を持たれた女生徒の中で、なぜ洋子だけが殺されなかったのかが判明します。
ミサの方は、一度殺されて、ますます恋心に火がついたようです。
Posted by GATTO at 2020年11月22日 05:32
漆黒の闇に包まれた、甲府市内の日曜日。
けふは一番槍奪還。我ながら、見事なり、天晴れなり。

サテGATTOさん。新作、芸術は人に勝れりの巻、読みましたゾ。
洋子は、フリマを目指していたのですナ。それが、生き残った勝因でした。
と、ここで爺が書いてしまうと、ネタバラシになつてしまうので、この辺で。
Posted by 百足衆 at 2020年11月22日 05:40
GATTO様、おはようございます!
新作、拝読しました!
谷中先生は、生物学者でもあるんですね!
確かに、私がそんな風に観察されたら、気持ち悪いです!
その辺りの心理描写が、見事です!

今から朝風呂ですので、詳しい感想は風呂上りに!
Posted by オジー・オズボーン at 2020年11月22日 06:00
牡蠣ラーメン、先週1200円で食べました♪
Posted by ラー at 2020年11月22日 06:08
晴れとなつた、甲府市内の夜明け。
けふの「太平記」尊氏が寝転がって漢文の読書をして実を離した隙に、嫡男の千寿王が墨をこぼす。追い討ちをかけるように、新田義貞が挙兵したとの報せが尊氏の元に、届く。

という、回でした。
サテ牡蠣。

牡蠣喰えば 金が張るなり 寳龍寺。(爺作)

けふは、ゴーツートラベルで、県内早川町にある寳龍寺に出掛けよう思う。
Posted by 百足衆 at 2020年11月22日 06:33
牡蠣は冬の安い食料であったのがバブルの時に高値で売買されるようになり
たくさん食べることはなくなってしまいました。
食べ方は、炭火で焼く。
電子レンジで加熱して身の水分を少なくしてから、バター等の油で焼く。
生は夏の岩牡蠣のほうが好き
Posted by 片山 at 2020年11月22日 08:15
改めまして、おはようございます。

百足衆先生、オジーさん、
 メッセージ、ありがとうございます。実は、読み返してみて、自分で書いておきながら「七年殺し」ですっかり笑ってしまいました。変態カップルは上手くいきますでしょうか?

それと、前回の「彼が求めたもの」がアメーバで12位にランク・インしました。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12639051582.html

読んでくださる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。
Posted by GATTO at 2020年11月22日 09:46
片山さん

マツタケも、戦後は椎茸より安かったそうです。
焼き牡蠣もいいですね。私は広島お好み焼きに入れて食べるのも好きです(邪道ですが)

GATTOさん

おお、おめでとうございます。
百足衆さんに七年殺ししてあげたらどうでしょう。あと7年は生きられます。
Posted by シモン at 2020年11月22日 14:44
曇天となつた、甲府市内のタベ。

サテけふは、ゴーツートラブルならぬ、身延線の電車で、早川に、行ってきました。爺も細も、まだまだ元気だ。長男夫婦が虎視眈々と狙う、爺の家を死守する為にも、健常であるとの佳いアピールに、なつたと思う。

ひじゃさんもそれを察してか、昼食予報の奇襲攻撃をかけて来なかった。武士道を、学んでおられますナ。敵ながら、天晴れですゾ。

サテ片山さん。爺も、牡蠣はフライよりも、バター焼きが好きです。うん十年前に旅行した広島の宮島で、それを食べた時は、すごく美味かった。是非ゴーツーイートしてください。
Posted by 百足衆 at 2020年11月22日 16:22
片山さん

岩牡蠣、いいですね。
藤原さんが生牡蠣大好きなので、送ってあげてください。
Posted by 菅原 at 2020年11月22日 17:01
菅原君、この、

だらくそ!だらくそ!ぱげ!ぱげ!かわずやまの、Go To いろいろ!

片山様に、無理強いを、するでない!
片山様も、困っておられる、と、思う!

そこで、この藤原に、折衷案が、あります。
片山様、カキではなく、国産鰻の蒲焼を、

送っていただけませんでしょうか。
贈っていただけませんでしょうか。

私は、カキを食べると、以前のシモン様同様、

カレーライスを、生産するのです。
和風カレーではなく、汁多目の、インド風カレーです。

片山様、片山様、
エリエリラマサバクダニ。

どうかこのような状況をご高配の上、私にカレーライスを作るのを回避するためにも、
生ガキではなく、国産鰻の蒲焼を、

贈っていただけませんでしょうか。
送っていただけませんでしょうか。

ほげらっ ほげらっ。
Posted by 藤原 at 2020年11月22日 17:37
夜となつた、甲府市内の夜。
けふの「麒麟が来る」駒に、薬を転売しろと云われた少年は、比叡山に売りに行き、落命する。

という、回でした。駒は、疫病神ですナ。
サテおんな城主さんの、大河感想を、待つ。
Posted by 百足衆 at 2020年11月22日 19:10
こんばんは。

シモンさん、
 お祝いメッセージありがとうございます。
>百足衆さんに七年殺ししてあげたらどうでしょう。
 はい!それでは、
天怒りて非道を絶つ! 臨、兵、闘、者、皆、陣、烈、在、前! 七年ゴロシ!
Posted by GATTO at 2020年11月22日 22:35
ひじゃっ!

ひじゃ電撃隊、発進致します。

GATTO様は長崎ちゃんぽん。
デハ様はインドカレー。
デロ様は焼肉。
ラー様はラーメン。
シモン様は海老天丼。
燈台森様はハムカツサンド。
藤原様はエビフライ。
菅原様はピザトースト。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2020年11月23日 09:53
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。

サテひじゃさん強襲。迎撃隊、絶滅セヨ。
GATTOさんは餃子弁当。
デハサンは焼肉。
デロサンはココーカレー持ち帰り。
ラーサンはラーサン。
シモンさんは焼肉。
燈台森さんはフィッシュバーガ。
藤原さんは天丼。
菅原君はハムコロッケ。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2020年11月23日 10:54
「不滅の英雄和気清麻呂」という舞台があるらしく、
子孫にあたる半井小絵さんが広虫役だそうです。
見てみたい。

苦い日本の歴史で、皇統を奪おうとしたり否定しようとしたのは、道鑑と足利義満だけだったのに、今では立憲民主党のせいで他たくさんの皇室の敵が現れてしまいました。残念。
Posted by デハ at 2020年11月23日 13:00
ローソンの弁当でした。本当は印度カレーが食いたかったが、隣の斎条で知人宅の葬儀があるため近づけない。明日は手伝いです。
Posted by デハ at 2020年11月23日 13:02
焼肉でした。
Posted by シモン at 2020年11月23日 13:16
CoCo壱のカキフライカレーでした。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2020年11月23日 13:30
ひじゃ様、 百足衆様、

本日は油そばを頂きました♪
Posted by ラー at 2020年11月23日 14:39
こんにちは。

今日のお昼は、焼き魚でした。
Posted by GATTO at 2020年11月23日 16:09
ハムカツサンド♪
Posted by 燈台森 at 2020年11月23日 18:02
ひじゃさん 百足衆さん

今日私はカニクリームコロッケを食べました。
Posted by 菅原 at 2020年11月23日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]