2020年11月24日

グルマンくん

1994年から「月刊少年エース」(角川書店)に連載された、ゆでたまごさんによる漫画作品です。

gurumaru.jpg

漫画界には、グルメ漫画というジャンルがあります。登場人物が料理を作る様子を見ながら、読者はそれがどんな味なのかを連想する、という、いわば読者の想像力が試される分野です。

oct308.jpg

私の場合、究極で至高の美味しい食材を作る漫画を見てもぴんと来ませんが(=食べたことがないので)、反対に不味そうな料理を見たときは過剰に消化器官が反応します。
デハさんも同様でしょう、汗が入ってちょうどよい塩加減になった潮汁や、ドラム缶で平たく伸ばした焼肉、極め付きはしいたけ尽くしの食材を
漫画で見せられたら、如何に剛健なデハさんでも卒倒してしまうことでしょう。

今日ご紹介する「グルマンくん」は、「キン肉マン」のヒットで一躍有名になった双子の漫画家・ゆでたまごさんによるグルメ漫画です。「グルマンくん」は、メルケル首相のゲルマンのことではなく、フランス語で食通のことです。では登場人物を簡単にご紹介しましょう。

食井カンロ:主人公。別名、グルマン君。飯盛小学校の5年生でありながら、料理の腕前に秀で、丸鶏ファイヤーラーメンやエベレスト登頂チキンライスといった感動の名料理を生み出す。

食井カン太:主人公の祖父。有名な陶芸家。タバコを吸った料理人が調理した鯉のあらいを口にして、「このあらいを作ったのは誰だあ!」と怒り出す。

味本魚菜:主人公の同級生。銀座のフランス料理店「モキシム」の嫡男。最初はカンロのライバルだったが、屈服し、皿洗いなどの下働きをしている。

三柑ミリン:主人公の同級生の少女。この人自身は料理を作らず、食べた料理に「ああっ」とか「おおっ」とか驚く。

気取先生:主人公の担任の教師。服飾に金をかける分、エンゲル係数は非常に低い。

俎板五六八:和食の達人。しゃぶしゃぶ鍋が頭に癒着している。

ジョー・霜降:ステーキ屋の経営者。ステーキの鉄板が頭に癒着している。

ペペロンチーノ:イタリアの天才料理人。4歳の時に、トリュフを匂いで掘り当てるトリュフ犬の能力を発揮する。得意料理はナポリタン。

キム:韓国の天才料理人。元徴用工の父を持つ。得意料理はホルモン焼き。

多田タケシ:TV料理番組「料理の超人」の主宰。「甦るがいい、アイアンシェフ!」と言うと、後ろから料理人が登場する。

このようなメンバーが、日夜グルメの鎬を削っていたのです。

oct310.jpg

「美味しんぼ」がダラダラ長期連載したのに反し、本作は全19話と短期間に連載された分、どの回も食通の本質に触れた珠玉の作品に仕上がっています。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(21) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。
ゲルマンは、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2020年11月24日 06:18
グルマン君は帽子をとったブロッケンジュニアに似ているので、彼の少年時代を描いたゲルマン君だと思ったら違っていてがっかりしました。
Posted by デハ at 2020年11月24日 20:57
ひじゃっ。

この記事のコメント、少ない・・・

ひじゃ電撃隊、発進いたします。

GATTO様は鶏唐揚げ弁当。
デハ様は職場弁当。
デロ様は天津飯。
ラー様はラーメン。
シモン様はパッタイ。
燈台森様はフィレオフィッシュ。
藤原様達は和風カツ丼。

ひじゃっ!
Posted by ひじゃ at 2020年11月25日 09:59
晴れとなつた、甲府市内のお昼前。
王毅外相来日、習字金平の腹話術の人形となつて、尖閣主権を繰り返す。
対する我が菅首相。腹話術には藁人形で、対抗すべし。

サテひじゃさん来襲。対応するのは面倒ゆゑ、全員ほうとうと予報。
と云う訳にもいかず、迎撃隊、殲滅セヨ。
GATTOさんはハンバーグ弁当。
デハサンは肉屋弁当。
デロサンはカレーうどん。
ラーサンはラーマン。
シモンさんはソー焼そば。
燈台森さんはチキンバーガ。
藤原さん達は炒飯と餃子。

と、予報。
Posted by 百足衆 at 2020年11月25日 11:02
こんにちは。

今日のお昼は、鶏唐揚げ弁当でした。
Posted by GATTO at 2020年11月25日 12:46
ひじゃ様、百足衆様、

本日は白湯ラーメンを頂きました♪
Posted by ラー at 2020年11月25日 14:41
こんにちは。

天津飯と餃子のセットでした。
ひじゃさん、正解です。
Posted by 谷汲線デロ一形 at 2020年11月25日 15:01
ひじゃさん 百足衆さん

今日藤原さんと私は、生協の和風かつ丼を食べました。
Posted by 菅原 at 2020年11月25日 15:04
フィレオフィッシュ♪
Posted by 燈台森 at 2020年11月25日 16:22
タイ風焼そばでした
Posted by シモン at 2020年11月25日 16:55
漆黒の闇に包まれた、甲府市内の夜。
サテけふの昼食予報、中間経過発表。
ひじゃさんはGATTOさんと燈台森、爺はラーサンとシモンさんをそれぞれ、撃沈。
デハサンの去就が、勝敗の分かれ目と、なる。
Posted by 百足衆 at 2020年11月25日 17:16
ローソンの弁当でした。明日もです
Posted by デハ at 2020年11月25日 18:27
夜となつた、甲府市内の夜。

サテデハサンが、ローソン弁当となり、肉屋弁当の予想で大破。
一方ひじゃさんは、弁当のみ一致で、小破。

爺の勝ちい。爺の勝ちい。
Posted by 百足衆 at 2020年11月25日 19:40
こんばんわ。

百足衆先生、
 ひじゃさんは、ラーさんもデロさんも平安朝コンビも当てていますよ。日本シリーズのソフトバンクほどではありませんが、ひじゃさんはかなりの圧勝ペースです。
Posted by GATTO at 2020年11月25日 19:45
夜となつた、甲府市内の夜。

サテGATTOさん。
さすれば、爺が巨人軍、ひじゃさんがソフトバンクですかナ。
畢竟、実力とファンの多さでは、爺、
短期勝負に強いのがひじゃさん、と云えよう。
Posted by 百足衆 at 2020年11月25日 20:29
GATTOさん

タイの焼きそばはパッタイのことなので、シモンさんはひじゃさんが撃沈、百足衆さんは大破です。
Posted by 菅原 at 2020年11月25日 20:31
深夜となつた、甲府市内の深夜。
サテGATTOさん。菅原君も、そう云っている。
よって爺の勝ちい。爺の勝ちい。
Posted by 百足 at 2020年11月25日 21:41
百足衆先生、
 フェイクはやめましょう。こんなことをやっていると、本当に勝った時も誰も相手にしなくなります。
 本当にうるさい。これ以上、フェイクで「爺の勝ちい」を主張されるなら、私は「昼食予報」をおりようと思います。

 シモンさんについて、ひじゃさんは撃沈。先生は大破。これだけでも、ひじゃさんの勝ちです。
 それ以外も、ひじゃさんは、デハさん以外の全員を当てています。
 先生は、シモンさん(大破)とラーさんだけしか当たっていません。
 明らかに、ひじゃさんの圧勝です。こんな時に「爺の勝ちい」は本当にうるさい。

菅原さん、
 教えていただき、ありがとうございます。
Posted by GATTO at 2020年11月25日 23:35
「伝統の百足衆先生」、「実力のひじゃさん」というところでしょうか。
 フェイクの「爺の勝ちい」で大切な伝統を汚さないようにしてください。
Posted by GATTO at 2020年11月25日 23:41

「海底の舞踏会」改作 LIII『サカナになった少年・改作(後半)』更新しました。

https://ameblo.jp/shanghaigatto1960/entry-12640261164.html

今回は、一休みの回かな・・・
Posted by GATTO at 2020年11月26日 00:22
ビートルズで一番好きな曲です。

https://m.youtube.com/watch?v=OsjTO0yZQjk
Posted by GATTO at 2020年11月26日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]