2021年02月26日

暴君ハバネロ

2003年に東ハト(旧社名:東鳩製菓株式会社)から発売されたスナック菓子です。

habanero.jpg

GATTOさんが、新たなblogを再建されました。「La Biblioteca del Gatto Nero」直訳すると「黒猫のタンゴ」です。皆様、ブックマークの更新をお願いいたします。

feb400.jpg

さて今日、2月26日は、日本の近代史で唯一のクーデター、二・二六事件が発生した年です。どガッツ純平さんや百足衆さんは、幼少時にこの事件の記憶はおありでしょうか。戦後の日本では、絶対クーデターは発生しないことを1970年に作家・三島由紀夫が身を以って証明してくれました。

この寒い時期にクーデターが勃発した背景には、旧陸軍内における様々なフラストレーションが頂点に達したことがその理由の一つと考えられます。普通の国では、クーデターは「その国の頂点にいる人間をひっくり返すこと」を目標にして行われます。こないだのミヤンマーのクーデターはその一例に過ぎません。二・二六事件の特徴は、それを行った主体が「頂点にいる人間」即ち昭和天皇を信奉する、「皇道派」と呼ばれる人達によって行われたことにあります。

いずれにせよ、二・二六事件の頃に比べて状況は大きく変わっているとは言え、当時と同じ、あるいはそれ以上のストレスフルな国際情勢の今日、ストレスを発散しないと日々の生活に支障が出ます。といって暴力(=言葉の暴力含む)にカタルシスを求めてしまうのは、人間のすyることではありません。「日本では女子高生は毎日電車で痴漢される」と言った自称被害者ジャーナリストや、「森会長は辞任しても終わりでない」と言い放った公共放送のアナウンサーに対しては、言葉の暴力で応酬するのではなく、無視することにしましょう。

「暴君ハバネロ」は、2003年に発売以来、ストレスの解消を激辛スナックで行う消費者を中心にヒットし続けているスナック菓子です。何故「ハバネロ」と言うかというと、世界一辛い唐辛子とギネス認定された「ハバネロ種」という唐辛子を用いているからです。私は以前「暴君ネロ」という記事を書きましたが、この記事にあるように、ローマ皇帝ネロは30歳で亡くなりましたが、「暴君ハバネロ」は今年で18歳。あと12年以上生きれば、ネロより長寿ということになります。

東ハトは、「キャラメルコーン」に代表される甘いスナック菓子で知られていました。2003年に発売された「暴君ハバネロ」は、「キャラメルコーン」を長谷川町子さんの漫画「サザエさん」に例えると、「いじわるばあさん」に相当します。とにかく、辛いのです。
何故このような激辛スナックが発売されたのでしょうか。そこには、東ハトの宿命的な背景があります。「ハト」を社名に冠した同社は、後に民主党政権を担ったぽっぽ山さんの友愛オーラが直撃し、その結果、倒産の危機に陥ったのです。そんな同社が起死回生の商品として9回の裏二死走者なしの状態から放ったホームランが、「暴君ハバネロ」だったという訳です。

feb401.jpg

私は、ハバネロ種の唐辛子というものを食したことがないのでわかりませんが、日本種の唐辛子で「黄色唐辛子」という種があります。昨年春にホームセンターで苗が売られていたためプランターで栽培し、実が出来たのでカレーに入れてうっかり食べてしまいましたが、死にそうになりました。サッカーの世界ではイエローカードよりレッドカードの方が苛烈ですが、唐辛子の世界ではその順序は逆転するようです。

(本文と写真は関係ありません)
posted by シモン at 05:00| 東京 ☀| Comment(19) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乾坤一擲、一番槍。

暴君ハパネロは、甲斐の武者が討ち取ったり。
Posted by 百足衆 at 2021年02月26日 05:16
この商品の正体「なげわスナック辛口」
Posted by デハ at 2021年02月26日 06:21
東ハトは本業は堅調だったのに女子ゴルフと不動産にのめり込んで自滅しました。
本業をおろそかにしてはなりません。
私はある有名な会社が、全く別な分野に手を出したりするのが嫌でたまりませんでした。
トヨタホームとかも嫌ですね。
トヨタ日産本田は車、日立東芝松下は電機。森永グリコ明治はお菓子だけ作っていればいいのです。
シモン様には申し訳ございませんが、どうして日立造船が船ではなく杜仲茶を独占製造販売していたかも謎でしたし、ハバネロ以前の辛い調味料の代表だったタバスコも一時レスラーのアントニオ猪木が独占販売していたのも不思議でなりませんでした。
ロッテは「安重根ゲーム」を発売したそうです。ガムだけ作っていればいいものを。しかしどうしてこういう国際法を無視したゲームの販売を許すのでしょう。
もし、「慰安婦狩りゲーム」「100人切りゲーム」を誰かが発売したら、叩かれると思います。こういうダブスタも許せません。

私は東ハトレディースがはやっていたころの女子ゴルフが大嫌いでそのために日曜の朝〇〇レンジャーがつぶされるのが許せませんでした。そのためか東ハトにはあまりいい印象がありませんでした。魁傑ハバネロにしても。全くの起死回生の新商品ではなくもともとあったジャガイモをリング状に射出成型したなげわスナックに唐辛子パウダーをまぶしただけのインスタント商品で一から開発したのではありません。
ライバルのカラムーチョも単なるポテトチップですが、形状を短冊形にするという新たな工夫がされていたのと対照的です。いわばハバネロはうわべだけの商品なのです。
Posted by デハ at 2021年02月26日 06:30
デハさんおはようございます。

東ハトがゴルフのスポンサーになったり日立造船が杜仲茶作ったりソニーがアイボ中断してソニー損保やったりするのは、全て「お金を稼ぎたいから」です。
お金の価値観に振り回されると、人間自分を見失って、生涯終わる頃には「俺は一体何をしてたんだっけ?」と後悔します。

安重根ゲーム、某党の国会対策委員長が愉しんで作ってそうですね。というか親戚筋じゃないかと思ってしまいます。
Posted by シモン at 2021年02月26日 07:15
GATTOさん復帰おめでとう。早速読んだよ。今度の方が読みやすい。

百足衆さん今日の解説お願いね〜
Posted by 朝ドラファン at 2021年02月26日 07:40
おはようございます。

シモンさん、
 いろいろありがとうございます。今度は、消されても大丈夫なように工夫もしてみます。

デロさん、
 お久しぶりです。私はそろそろ定年ですが、まだまだ忙しいです。

オジーさん、
 ごめんなさい。山田の登場はまだ先なんです。楽しみにしていてください。
Posted by GATTO at 2021年02月26日 07:44
小雨模様となつた、甲府市内の朝。
けふの「おちゃよん」岡安に放火しようとした弟のヨシヲ(演者不詳)を見つけたおちゃ(杉咲演)は、「ほうかい。」と頷く。

という、回でした。
サテGATTOさん。新プログ名は、爺の挙げた候補から、選んでくれましたかナ。
Posted by 百足衆 at 2021年02月26日 08:12
GATTO様、GATTO様、

エコエコブログ復活、

おめでとうございます。
おめでとう御座います。

皆の衆、今宵は寿ごうぞ。

ことほぎじゃ、ことほぎじゃ、

ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!
ことっほぎゃっ!

GATTO様の ブログ祝寿ぐ 今日は二二六の日。
Posted by 藤原 at 2021年02月26日 08:48
おはようございます。93歳の手習い、どガッツ純平です。

シモン様。今日は二二六事件の日です。私は子供でしたが、うっすらと覚えております。雪の日だったそうです。叔父の一人が一兵卒として皇道派に従っていたからです。その後原隊に復帰し、あの戦争も生き抜きましたが、昭45年に他界しました。

GATTO様、小説復活、おめでとうございます。
人間仕事だけでは、生きる楽しみがありません、今度はどうか削除されずに長く続くと良いですね。

デハ様。次回の建艦計画ですが、改造前と改造後の軍艦をテーマに、作ってみたいと思っています。例えば、潜水母艦大鯨が、航空母艦龍鳳に成ったような組み合わせです。
デハ様は、どの艦の改造前・後を推薦されますでしょうか。
ご多忙とは存じますが、ご示唆を頂ければ嬉しいです。
Posted by どガッツ純平 at 2021年02月26日 09:03
小雨模様となつた、甲府市内のお昼前。
けふの昼食が、発表された。丸ちゃん生麺、つけ麺だそうだ。焼豚は、無い。

サテドガッツさん。デハサンに無理強いをしては、なりませんゾ。
そうゆう事をしていると、デハサンやGATTOさんのような若い世代から、老害と、云われるきっかけを、与える。

改造前、後なら、三段甲板と一枚甲板の赤城で、佳い。また軍艦でなく人間なら、ショッカーと仮面ライダーで、佳い。
Posted by 百足衆 at 2021年02月26日 11:01
こんにちは百足衆様、アドバイス、肝に銘じます。

デハ様、お時間のある時で結構です。
ちょっと補足しますが、百足衆様のおっしゃるように、同一艦種内の改造ではなく、改装によって艦種区分が違うものになったもの(例:水上機母艦→空母)です。

橿原丸→隼鷹のように、商船から軍艦に改装されたものでも結構です。
Posted by どガッツ純平 at 2021年02月26日 14:37
純平さん
巡洋戦艦赤城→空母赤城がお勧めです。

シモン様
金の亡者は嫌ですね
Posted by デハ at 2021年02月26日 20:08
デハさん
巡洋戦艦赤城、いいですね。フジミがモデル化してますね、これ見ると長門級新造時と同じくスプーンバウですね。

百足衆さん
>人間なら、ショッカーと仮面ライダーで、佳い
笑いました
Posted by シモン at 2021年02月26日 20:34
晴れとなつた、甲府市内の朝。
昨日の、訃報。嵯川哲郎、死す。
爺より、若い。
ドガッツさんよりも、10歳若い。
合掌。
Posted by 百足衆 at 2021年02月27日 07:07
おはようございます

瑳川哲朗さん・・・ウルトラマンAの竜隊長ですね。
いつも美川隊員の隣に座って指揮してましたね・・・

千葉県館山の出身とお聞きしています。

合掌。
Posted by ラー at 2021年02月27日 09:26
こんにちは。

これから、別のブログを使って “Il Giorno delle Restaurazioni” の方も復活させようとしているところです。


朝ドラファンさん、
 メッセージ、ありがとうございます。読みやすいのお言葉、本当にありがたいです。

藤原さん、
 ことほぎありがとうございます。いつか、うなごーにゃ一緒に食べたいですね。

どガッツ純平さん、
 メッセージ、ありがとうございます。
 ところで、そのお名前は「ガッツジュン」から来ているのですか?
Posted by GATTO at 2021年02月27日 13:52
いつも必ず隊長と美川隊員を助けていたウルトラマンAですが、老だけは助けることはできませんでした。
合掌。

ムラマツキャップも伊吹隊長もキリヤマ隊長も、朝比奈隊長も亡くなり、昭和ウルトラマンの隊長で健在なのは、ウルトラセブンだけになってしまいました。寂しいです。
Posted by デハ at 2021年02月27日 14:41
何とか “Il Giorno delle Restaurazioni” の方のブログも最下位、いや再開しました。ここ 微えろ と同じ seesaa です。
シモンさんはじめ皆様本当にご協力ありがとう御座いました!

https://ilgattonero.seesaa.net
Posted by GATTO at 2021年02月27日 16:38
GATTO様、イタリアF1ブログも再開、おめでとうございます!
感動、感動、感動の嵐です!松潤です!


今から夕食しますので、詳しい感想は食後に!
Posted by オジー・オズボーン at 2021年02月27日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]